きよじいの楽園日記

caban.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2007年 12月 14日 ( 1 )

穴子丼、美味しかった。

大阪からnavy-yard にお客様。

東京ビッグサイトのエコプロダクツに出展中の良之くんが鎌倉に立ち寄ってくれた。
その良之くんのリクエストで浄妙寺の佐可井(さかい)へ行った。
e0052268_12123059.jpg

杉本観音のむかい普通の住居を店に仕立てている。

穴子丼ふたつとまぐろの漬け丼と季節魚の押し寿司をオーダー。
e0052268_12125062.jpg

ここ佐可井は穴子丼が名代。
穴子はけっして分厚くなく、しっとりと柔らかく焼き上がっている。
つめもあっさりとした甘みで美味しい。
お澄ましは青菜とご飯を軽く揚げてお焦げにしたのを浮かしたつゆ。
おだしがとても良くて、美味しい。
サイドの玉子焼きもはんなり(かすかな甘みとかすかな塩味)してて旨い。

鮪の漬け丼と素うどん
e0052268_12271237.jpg

鮪の漬けの上に大根の細切りが山にのせてあって、ダシ醤油がたっぷり。
これはもうタマラない。

素うどんもダシがとてもよく、
たぶんウッソー!!って言うくらいの大量の羅臼昆布と血合いのない鰹節を
贅沢に使ってるのだと思う。

付け合わせの鮭の水煮、これは洒落てる!


季節の押し寿司
e0052268_12321175.jpg

押し寿司は、小肌、アジ、さより、千枚漬け、スモークサーモン。
すべて、たいへん結構でした。

良之くんは無類の食いしん坊であり、ギャグマンであり、海の写真家でもある。
彼のblogはうまいモノ情報と海写真がいっぱい。

http://blog.zaq.ne.jp/chichiyasuringo/

鎌倉 佐可井(さかい)
鎌倉市浄明寺2−1−31
電話: 0467−24−7759
夜は要予約

きっと満足のことヨ。


ところで写真のピンぼけは許して下さい。
美味しいモノを前にして、ジッと我慢の撮影は
震えが来ました。

きよじい
by caban | 2007-12-14 13:50 | 食べること
line

小野 喜代治(1947.10.1)大阪生まれ、神戸育ち、お江戸遊び、鎌倉暮らし。ボクの楽園は至る所にある。日々仕事で遊びで行く先々が楽園。悦楽の移動祝祭事。HPはwww.navy-yard.com/です、よろしく


by caban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー