きよじいの楽園日記

caban.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

きりたんぽ鍋やってくる

e0052268_1673352.jpg


さっき、秋田のえみさんから、きりたんぽ鍋が届きました。
うまそ〜。

根っこのあるセリとか、ささがきゴボウとか、全部セットで
たいへん親切。

今日の夜は、きりたんぽ鍋と熱燗で決まりですな。
この前、あいさんからいただいた、ぐい飲みもあるし。

今年もあとちょっと。

街もお正月モード。
by caban | 2009-12-29 16:11 | 日記

はじめての料理クラブ

e0052268_12362377.jpg

12月20日、稲村のパナスカイで、
はじめての「NAVY-YARD料理クラブ」の会合がありました。
参加者は14名ほど。
賑やかに始まりました。

e0052268_1239489.jpg

ブイヤベース用の魚ですね。
手際が良くて、スピード感溢れるくばセンセイの説明に、
生徒の皆さんも、必死にメモメモ。

e0052268_12433728.jpg

これは、カマンベールのクロケット。
白ワインに合います。
e0052268_12472130.jpg

土鍋で、ブイヤベースが美味しそうにできあがりました。
そのまま食卓に出せて、豪華ですね。
e0052268_1249510.jpg

試食タイムです。
みんなでわいわい。
e0052268_12502225.jpg


e0052268_12541089.jpg

この日のテーブルは、ご近所のももママが飾ってくれました。
冬らしいチェックのクロスに、白ばらがぴったり。

くばセンセイの手際が良すぎて、時間がたっぷり余り、
おみやげだったはずのパウンドケーキも結局完食!?
いろいろハプニングもありましたが・・・。

でもまあ、楽しかったからよしとして。
参加のみなさん、ありがとうございました。
ブイヤベース、つくってみましたか?

次の会合の予定もあるそうなので、みなさんお楽しみに。
by caban | 2009-12-25 13:01 | 日記

多治見その3

陶芸美術館を後にして、taxi で駅に向かう。

駅に着く直前に、百草のことを思い出して、
行き先変更で、百草ギャラリーへ。
e0052268_14544186.jpg

まわりは林で静かなたたずまい。
e0052268_14554897.jpg

古民家ですが外観も家の中も手入れが行き届いてて、気持ちがいいです。
「アルネ」の企画展の最中で、何故かコムデギャルソンのウエアが売られていました。
茶室では陶製のtorso の展示。
e0052268_15101163.jpg

2階はココのご主人安藤雅信さんの器とか百草の雑貨の常設店。
e0052268_15154014.jpg

日が沈んだcafe でミルクティーをいただき、多治見駅へ。

名古屋で新幹線に乗り換えに時間があったので、
e0052268_15175983.jpg

山本屋総本家で味噌煮込みうどんを。

ひさしぶりに日帰りの旅でしたがとてもいい体験をしました。
by caban | 2009-12-24 15:20 | 日記

多治見へ、その 2

多治見まで日帰りで行ったのは、
川喜田半泥子(かわきた はんでいし)の展覧会を見るためでした。
e0052268_19163666.jpg

ちなみにスタッフの美幸ちゃんは
「はんどろこ」って誰ですか?と。

ボクが半泥子をしったのは鎌倉に来てから。

「おれはろくろのまわるまま」を
かをるさんからもらったのがきっかけで。
「無茶の芸」「泥仏堂目録」を立て続けに読んで好きになった。

今年の夏頃、TV「なんでも鑑定団」に
半泥子の茶碗が初登場でたしか500万円の値がついた。

そのとき、中島誠之助さんが「とにかく売りに出ない」と言ってた。
e0052268_19571254.jpg

この茶碗は一番見たかったもの。名前は「雪の曙」

半分白で半分ピンク。指跡がついてる。

これでお茶を飲んだら確実に天国へ行きます。
e0052268_2041533.jpg

これは「たつたがわ」という茶碗。

金銀の葉っぱが枯れてとてもイイ色。

この展覧会では、とにかく膨大な数の作品が出ています。
茶碗はじめ、茶道具に書画、旅のスケッチや、写真などなど。
日高さん、「ああ〜もう、どれもらってもうれしい」と
つぶやいてました。
誰もくれないと思うけど・・・。

半泥子はこんなです。明治10年生まれ(1878年生〜1963年歿)
e0052268_12342326.jpg

本名は川喜田久太夫。別名「無茶法師」
1歳で木綿問屋の16代目当主に。25歳には百五銀行のオーナーも兼ねる。
やんちゃ坊主、趣味人にして遊び人。誰よりも早く自転車に乗り、テニス好き。
e0052268_12492220.jpg

この写真(中学生の頃)では白のスニーカーらしきものををはいてます。
明治25年の驚き。

因みに「坂の上の雲」の主人公
秋山真之が1868年生。
北大路魯山人が1883年生。
白州次郎が1902年生。

e0052268_13101417.jpg

「大夢出門」Time is money.
e0052268_1311441.jpg

龍虎図屏風。なんともエエでしょ!!
e0052268_143677.jpg

茶杓はすぐ転げ落ちるからと「角兵衛獅子」。

写真、陶芸、書、画すべて素人でとおす。
なんとも洒落がきいてて、口も悪く、
柳宗悦の民芸運動に痛烈なキックも浴びせている。

茶の湯に人を招く時の正装は洗い晒しのテニスズボンに白シャツ。
シンプルと清潔さこそ自分の侘びと言ってる。

坂の上の雲の3人をはじめ、
魯山人といい、白州といい、石津謙介といい、
自分の個性をライフワークとして生きたようだ。

明治の男たちには自分の顔と体を張った強烈なメッセージがある。
by caban | 2009-12-22 14:37 | 日記

多治見に行ってきました。その 1。

岐阜の多治見に日帰りで行ってきました。
新横浜から新幹線。
まずはたこ焼きを買って、ビールでグビグビ、ルルルル。
e0052268_11245179.jpg

道頓堀「くくる」のたこ焼き、チェーン店ながら結構美味しい。
道頓堀では「大たこ」しか知らないので、
きっとボクが大阪を離れてから出来た店でしょう。

外はややカリッと、中はアッツ−、
とろとろでおだしがきいてて、ウッマ−!!
「大たこ」とエエ勝負です。
なかなか、でだし良くいい日になりそう。
あっという間に名古屋。中央本線乗り換えで30分ぐらい。
始めて来る多治見。
e0052268_11355975.jpg

多治見の町並みはひなびてて、好印象です。
e0052268_11404359.jpg

e0052268_11422831.jpg

お昼ご飯は「澤千」と言うところに行きました。
お目当ての鰻です。
肝焼きとひつまぶしを頼んだ。
e0052268_11452673.jpg

肝焼きは東京と違って、皮でぐるぐる巻いてません。
肝だけを甘辛く煮てる。山椒をふりかけて旨し!
おひつをぐるりとかき回し、鰻を熱々のごはんにくぐらす。
チョット蒸されるが歯ごたえ十分で旨い。甘辛くてブリブリの関西風。
最後の3口はおだしをかけてサラサラと。
腹ごしらえしてからはきょうの目的地、
現代陶芸美術館へ。紅葉がきれいな山間に美術館はありました。
e0052268_12162538.jpg

つづく。
by caban | 2009-12-17 12:18 | 日記

ジーンナッソーズの party

渋谷のジーンナッソーズの office で party がありました。
e0052268_903222.jpg


雨の夜7時、というと鎌倉では人も犬も寝静まってる頃ですが、

ここ渋谷では人また人でごった返してます。
e0052268_963213.jpg

party も人が溢れて、熱気ムンムン。
e0052268_983488.jpg

いきなりトオルさんに羽交い締め。
e0052268_911057.jpg

ばんばんバザールの演奏。

ひさしぶりのどんちゃん騒ぎ。
e0052268_9125097.jpg


最後までgoo!!ってカンジでした。
トオルさんのホンブルグ hat を get!!
最高。
e0052268_9144767.jpg

by caban | 2009-12-15 09:15 | 日記

土曜日は、野菜の日

e0052268_1313355.jpg


この前紹介した、三浦野菜「たかいく農園」の移動販売は、
年内毎土曜日に、ネイビーヤード駐車場にて店開きしています。
時間はだいたいお昼頃から暗くなるまで。

この日は、中がオレンジの白菜や、皮が黒い黒大根(ぴりりと辛い)、
みずみずしい大根、こいも、聖護院大根、小松菜、長野の完熟リンゴ、
ブロッコリーにニンジンなどなど

リヤカー部隊は、鎌倉のあちこちにも行ってます。

そうそう、雨の日はありませんよ。(収穫できないからね)
by caban | 2009-12-14 13:27 | 鎌倉案内

久しぶりに、さいき

久しぶりに、恵比寿のさいきへ。

9月に鳩山さんが訪れてから、何回か行ったけど満員で入れず。

この日は6時ごろだったからすんなり入れた。
e0052268_12473868.jpg

まずはご主人のクニさんにウチの世界一ソックスのプレゼントを渡す。
(カウンターのなかの割烹着がクニさん)
彼はこのソックスが大好きだから、ご機嫌である。

ヨシとカズが来るまではお馴染みさんとカウンターでわいわい。

さいきは昔ながらの酒寮で食べ物メニューは年中同じ、
板さんがいつも美味しい料理をつくってます。

この日4人で食べたのは、
お造りは鮪、だし巻き、蟹クリームコロッケ、牡蠣フライ、
モツ煮込み、子持ちししゃも、キャベツ炒め。

飲んで、食べて、しゃべって、とてもイイ機嫌。

帰りがけには窓ガラスを割ってしまいました。
e0052268_1837598.jpg

↑kazzが押さえた、現場写真。

事件の詳細は、kazzブログで

クニさん、ご免!!
(たぶんガムテープで補修してるでしょう!)
by caban | 2009-12-09 18:38 | 日記

今年のリースは?

e0052268_12405519.jpg


今年も、宮浦さんのクリスマスリースを飾りました。

今回は、ユーカリや紫がかった黒い松ぼっくりみたいなのがついて、
とてもシックで、素敵なリース。
注文に行った日高さんは一目で決定。

でも、ボクが「赤いのにしてよ!」と念押ししていたのを
思い出して、クリスマスホーリーも入れてもらったと言ってた。

よしよし。
やっぱり、クリスマスのリースは赤とグリーンでしょ!

e0052268_12512144.jpg

結果、大サービスで具だくさんなリースができあがりました。

宮浦さんは、普段はパン屋さんをやってます。
最近、材木座にオープンしたばっかり。
どっしり、しっかりした美味しいパンです。

水、木、金、土曜が営業日。

詳しくは、ブログmamaneおいしいもの通信を見てください。
by caban | 2009-12-08 12:56 | 日記

三浦やさい直売所@navy-yard

e0052268_19245592.jpg

今日の出来事である。
お店の前の道を、野菜満載のリヤカーを引いて行く青年を発見!

なんだなんだ?って事で、呼び止めて聞いてみると、
三浦の採れたて野菜を販売しているとのこと。

なんや、楽しそう。

早速、ネイビーヤードの前でお店開きしてもらった。

今日積んでいたのは、名物のぶっとい三浦大根や、ルッコラ、
小松菜、里芋、リンゴなど。

e0052268_19355613.jpg

無化学農薬、無化学肥料で育てられたという野菜達は、青々と元気で
美味しそう。
「リンゴは木で完熟してから収穫しているから、蜜がたくさんです」
と青年の説明。
e0052268_19431955.jpg

とりあえず、食べなきゃわからないので、いくつか試しに購入。
くばさん、ひだかさん、楽しそうにお買い物してました。

これ、楽しいので時々ネイビーヤードの駐車場に来てもらうように
お願いしました。

次にお店開きすることが決まったら、ブログで日時をお知らします。

高級スーパーマーケットやデパ地下よりも、
こんなスタイル、楽しいねえ。
by caban | 2009-12-06 19:25 | 日記
line

小野 喜代治(1947.10.1)大阪生まれ、神戸育ち、お江戸遊び、鎌倉暮らし。ボクの楽園は至る所にある。日々仕事で遊びで行く先々が楽園。悦楽の移動祝祭事。HPはwww.navy-yard.com/です、よろしく


by caban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31