きよじいの楽園日記

caban.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

北鎌倉、明月院

休みの日に自転車で北鎌倉へ行きました。空は梅雨の合間の暑い夏日です。
e0052268_19561835.jpg

明月院もこの時期は紫陽花に囲まれた石段を上り山門をくぐります。

e0052268_1956441.jpg

あじさいで飾られた仏様。福耳に大きなビーズのピアス。

e0052268_1957290.jpg

休憩できるお座敷の丸窓。熱いお茶を頂きながら見る庭は格別です。
山の中、風とうしのイイ部屋で熱いお茶を飲むと、とても涼しいです。
日本に生まれてよかったと思う瞬間ですネ。
e0052268_19573364.jpg

北鎌倉駅の小さな切り通しを自転車に乗って抜けると、頭をぶつけそう。

e0052268_1043236.jpg

小津安二郎の映画によく出てきた北鎌倉の駅。
山に抱かれた田舎の駅らしさが今も健在です。
by caban | 2009-06-30 19:57 | 鎌倉案内

Tシャツ カスタマイズ

e0052268_18313128.jpg

はんこ好きなので、navy-yard には、いろんなオリジナルはんこがあります。
そこで、オリジナルプリントTシャツにペタペタ押してみることに。

オーダーのvestを取りに来た、ヤナギダ氏が最初の犠牲者、
いえ、挑戦者に決定!

好きなところに、好きなはんこを押してカスタマイズ。
これ、面白いです。
やめられません。
で、ついつい過剰に。

e0052268_1836126.jpg

おっちょこちょいのオノちゃんに頼むと、逆さまに押されたりするので、
セルフが基本。

e0052268_18372863.jpg

navy-yardTシャツ買ったら、みんなこれで遊んでね。
by caban | 2009-06-28 18:39 | スタイル

navy-yardの古時計

e0052268_18474645.jpg

お店の時計は、手巻きの古時計。
一週間ほどねじを巻くのを忘れると、止まってしまう。
振り子の調節もたいへん。
季節の変わり目に狂いやすい。

先日、遅れるからと錘のねじを一番上にセット。
今度は進みすぎで、20分も未来へスリップ。

幼稚園のお迎えまでに、買い物をすませようとやってきたお母さん、
「あら、たいへん!」と、大急ぎで帰って行った。

ホントはもうちょっとゆっくりできたハズなのに、ごめんね。

e0052268_190329.jpg

音楽を消して、お店が静かになると、
カチカチカチカチ・・・・と、
古時計が時を刻む音が響きます。
by caban | 2009-06-26 19:05 | 日記

Tシャツ職人

e0052268_19134041.jpg

夏の必需品、T shirts を制作中。
本格的にシルクスクリーンをウエマツに発注して、道具やインクも一杯買い込みました。
e0052268_19135796.jpg

グラフィックをデザインした Yuus さんとネイヴィヤードのモデルのケンジ君にプリント作業を頼みました。
e0052268_19145657.jpg

パキン!としたプリントが目立つ T-シャツ ではなく、
ハンコのように1枚ごとに味わいのあるやつ。

そういうTシャツを5型つくりました。

1.navy-yard
2.ボトル
3.金魚
4.Dot
5.cup

近日公開、即発売。
乞うご期待!!!
by caban | 2009-06-23 19:20 | スタイル

またしても!!!

e0052268_19322790.jpg
写真サンケイスポーツ

勝てませんネ!!
当日のblog でああはいっても、手に汗握る接戦を期待してました。
でもやっぱり相当差がある感じだった。

差があるのを解って戦い、それでも相手を負かしてしまう・・・

3月、WBC の韓国との戦いは壮絶でした。
決勝戦で9回にダルビッシュが同点にされたとき、血の気が引いた。
http://www.youtube.com/watch?v=KzZMotE-0i4

5月、白鵬と安馬(今もぼくには安馬です)の優勝決定戦。
安馬は大きな彼我の差を知っていた。それでも勝つには・・・
http://www.youtube.com/watch?v=enaBt38ZZ1k

6月、クライバーンコンクール最終審査、最後の演奏直前の辻井くんの心の風景を想うとき
http://www.youtube.com/watch?v=8P9YINkQiKs&hl=ja

今年は幸運なことに3回もイイ場面を見ることができました。
それぞれが自分よりも大きな相手にのぞんだ瞬間でした。

たぶん3者共、強大な相手にどう立ち向かうかのイメージができていたと想像します。

力とかテクニックとかを超越してる、
気持ちで勝ってたんだろうとしか思えない。

それを思い返すとき、また熱くなります。

サッカー日本代表もworld cup の相手は全部、自分達より圧倒的に強い。

そこで勝ち続けるには、いままでと違う方法論、新たな日本らしさをイメージして・・・
ガンバレ!

みなさま、この週末もう一度 you tube の3つのシーンゆっくり楽しんでください。
by caban | 2009-06-19 20:42 | サッカー

あじさい〜鎌倉〜ネイビーヤード

e0052268_19204378.jpg

御霊神社前、江ノ電。
この季節の鎌倉はみずみずしくてホントきれいです。
e0052268_19241778.jpg

成就院。
極楽寺の切り通し途中にあります。
前は紫陽花の道、後ろを振り返ると、由比ヶ浜が見渡せます。
雨の日はとくに美しい。
e0052268_19244578.jpg

好みは、額紫陽花。

花が色とりどりできれいです。
あでやかな美しさ、けっこう饒舌です。
女性の美しさに通じるところあり。
桜とは対照的。

梅雨になるとTV では紫陽花の季節だよと告知します。
そのとき何故か鎌倉が背景になります。
どのチャンネルでも鎌倉。
そこから皆さんもう一つニューロン作用を増やしましょうね。

あじさい〜鎌倉〜ネイビーヤード

さあ雨が降ったら鎌倉に来ましょ!
by caban | 2009-06-17 19:24 | 鎌倉案内

今日のこの1戦

e0052268_10112757.jpg

いよいよ今夜です。
オーストラリア戦。
今度のワールドカップアジア予選はこの1戦につきると考えてます。

ボクは今度のアジア予選で敗退したら、チャンスだと思ってました。
日本代表チームの本質的な改革を期待出来るから。

ワールドカップにでて決勝トーナメントを勝ち進むためのチームづくりが必要だと
おもってます。

ロシア、トルコ、U.S.A、オーストラリアなどが日本の好適チームだと思ってましたが、
日本より進歩しててFIFAベスト10に比肩するチームになってます。

これらの身近な強いチームに勝てなければ、岡田監督がいう本戦ベスト4はまったく無理。

だから、この試合に勝つことが重要です。
e0052268_10144061.jpg

今年2月のオーストラリア戦、横浜スタジアムにて、0-0で引き分け。
by caban | 2009-06-17 10:22 | サッカー

鎌倉名物、うまいもの

e0052268_12283040.jpg

この時期、このあたりで美味しものの代表、しらす。
最近では坂の下のしらす屋「喜楽丸」が行きつけです。

朝とったばかりのしらすを、そこで釜揚げにして売っているから、新鮮そのもの。

生しらすもありますが、ボクは釜揚げの方が好み。
大根おろしに、のせて食べるのも美味しいですが、釜揚げしらす丼もうまい。

炊きたてのごはんに、
大量の海苔、大量のしらす、
鰹節は「ウッソ−!」
みょうがも「マジッ!」っていうくらい入れてください。

最後に、温泉たまごのせて、醤油をまわしかけて、できあがり。

簡単、うまい。
いくらでもイケます。
by caban | 2009-06-15 12:45 | 食べること

プリント準備完了です

e0052268_2291158.jpg

for workersウェアのための、プリント版もできあがりました。
着々と準備が進んでいます。

e0052268_2214250.jpg

こんな風にプリントします。
みんな、「かわいい〜」と大騒ぎ。

e0052268_22145517.jpg

これも、プリントします。

夏の必需品、Tシャツもネ・・・。
by caban | 2009-06-13 22:12 | スタイル

目白「古道具坂田」へ

代官山に行ったおり、少し脚を伸ばして目白へ。目的は古道具屋さん。
e0052268_11353139.jpg

雑巾、ボロ布の美しさを世に問うべく破格の値段をつけた坂田和實さんのお店。
e0052268_11354610.jpg

そこで買った坂田さんの本「ひとりよがりのものさし」からの写真です。
e0052268_11361157.jpg

デルフトのお皿と李朝の白磁徳利、両方とも17世紀のもの。400年のうちにできた傷の味わい。
e0052268_11363591.jpg

6歳の子供の葉書をも採り上げている。
e0052268_11423038.jpg

夕食は自由が丘の路地奥にある、美味しいスペインのバルにて。
すずきのカルパッチョから始まってハモンセラーノ、えびのフリット、
ベシャメルコロッケ、レバーパテ、アスパラの炭火焼き、蛤のガーリックレモン、
サラミのコカ、テールシチュウ、トマトソースのパスタ、
最後はパエリヤ。総勢3名で一口も残さず、きれいに食べ尽くしました。
どれもポーション小さくて美味しかった。

はなしは戻って
坂田さんはお店にいませんでした。
デルフトの染め付けのお皿がありました。
とても静謐な空間でモノも少ないんですが、
それぞれのモノがしゃべりかけてくるんです。

「見立て」とか「余白」とか。
とても気になる気配がありました。
また行きたい店です。
by caban | 2009-06-10 11:43 | スタイル
line

小野 喜代治(1947.10.1)大阪生まれ、神戸育ち、お江戸遊び、鎌倉暮らし。ボクの楽園は至る所にある。日々仕事で遊びで行く先々が楽園。悦楽の移動祝祭事。HPはwww.navy-yard.com/です、よろしく


by caban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー