きよじいの楽園日記

caban.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

稲村トモダチ、昼食会

e0052268_13365967.jpg

気持ちのいい風が吹く、晴れた日。
「浜辺でサンドウィッチでも食べようか!」と、集まった。
最近、由比ヶ浜に引っ越したので、稲村の浜は久しぶり。

e0052268_13392837.jpg

こんな時、浜辺の住人のチームワークはすごい。
パラソルを持ってくる人、クーラーボックスを持ってくる人、
おいしい食べ物に、冷えた酒。

素敵なランチタイムのはじまりです。
フォカッチャに、生ハムとルッコラをはさんだ、シンプルサンド。
炭火で焼いた、イカやお魚、ウインナー、おむすび。

e0052268_1345093.jpg

若手3人が、必死に火おこし。

e0052268_1348521.jpg

ボクは、のんびりとトンビ番。

e0052268_13491170.jpg

ひとりフラを踊る、陽気なヨシノちゃん。
(シコ踏んでるわけじゃありません)

e0052268_1351050.jpg

犬の散歩に通りかかった人も呼び込んだり。
のんびりとした時がすぎ、空き瓶がころがり・・・。
ちなみに、このスパーリングワインは、安くてうまいです。
鎌倉では「三留商店」にて購入可能。


こんな贅沢な時間が過ごせる鎌倉の人と海辺は、
やっぱり楽園。
by caban | 2009-04-29 14:16 | 日記

古くて、新しいもの

e0052268_15174248.jpg


今、navy-yardでシェルカメオの受注会をやってます。

カメオというと、アクセサリーに詳しくないボクでも
女性の横顔のブローチがすぐ頭に浮かぶ。

ところが、世の中には古いものに、新鮮な風を吹き込む人がいるのである。

e0052268_15214594.jpg


かわせようこさんという女性がデザインして、
イタリア、ナポリの職人さんが彫っている。

小さな楕円に、エッフェル塔とか、小鳥、トランプ、
それにイニシアルなど、どれも上品で素敵だ。

古代ローマ時代から存在した「カメオ」。
はじまりは、皇帝、君主の印章らしい。

古いものに、新しい価値を見出すという点で、cabanにも
通じるものがある。

すごくいいけど、いくらボクでも、さすがにこれを身につけるのは無理。
完全にオカマちゃんになる・・・
花柄のパンツや、キルトスカートはイケます。
でも、アクセサリー類はつけたことがありません。

26日までやってますので、是非見に来てください。
by caban | 2009-04-24 15:52 | スタイル

今、一番店でかけてるCD

e0052268_19315475.jpg


最近、店でよくかけているCD。

お客さんに「これ、誰ですか?」って、ものすごく聞かれる。

誰が歌ってるのか、よくわからない、謎のCD。

e0052268_1935790.jpg


全部カバーで、ゆるーく、ゆるーく歌ってる。

Eaglesの、hotel californiaも、ゆるゆる。
サザンの「真夏の果実」も、いいよ!
ちなみに、サザンの曲は、これで初めて聴きました。

実はこのCD は音楽師匠のシローさんにもらったものです。

ウチの店にぴったり、湘南にぴったりの気分です。

HANJIROって古着屋さんで売ってますから是非買ってみてください。
by caban | 2009-04-18 19:45 | スタイル

ガレージセールやります!

e0052268_18515539.jpg



 4月 11(土)12(日)
 12時 〜 日没まで
 navy-yardうらの駐車場にて
 garage saleやります!!


前回来て、おいしい思いをした人も、
来られなくて残念な思いをした人も、
そんなの初めて聞いた人も、
ぜひ、お越しください。

今回は、また違った品揃えをしています。

今のところ、天気予報も emoticon-0157-sun.gifマークです。

kubaさんも、いつもよりたくさんパンを焼いて待ってます。

散歩がてら、遊びに来てね。
by caban | 2009-04-07 18:59 | 鎌倉案内

京都、おいしいもの その3

e0052268_13253992.jpg


最後の日のお昼、今京都で話題の「じき宮ざわ」へ。

e0052268_1331025.jpg

鮹と山菜の白子和え

e0052268_13295675.jpg

ねっとりと濃厚で香ばしく、後味はしつこくないごま豆腐。

e0052268_13302672.jpg

鱒と蕗の炊き合わせは、春の香り。

e0052268_13321322.jpg

筍。ほりたての筍の歯ごたえと、若い柔らかなわかめ。

e0052268_1333818.jpg

最中。
炭火でかりっとさせた皮に、あっさりとした餡。
ほのかに桜の香り。

そのほか、炊きたての釜で炊いた御飯と香の物や花わさびおしたしなど、
いろいろいただきました。

手をかけた、おいしい料理を素敵な器でいただいて、
おなかいっぱい、大満足。

とてもリフレッシュできた、良い旅行でした。
by caban | 2009-04-05 13:31 | スタイル

京都、おいしいもの その2

e0052268_1852413.jpg

骨董の硝子瓶を、徳利に。

今回は扶佐子さんが、いいお店をいろいろと
セッティングしてくれました。

嵯峨の「おきな」さんは、お料理といい、器といい、最高でした。

この徳利に見立てた硝子びんは、厚みが薄くて、口が小さくて、
変わった形をしています。
それに、お酒を注いで徳利に。
お猪口は、カットのあるクリスタルの足つき。

e0052268_18313858.jpg


鮒寿司です。皮も肉も脇に添えられたメシも濃厚です。
臭みはなく上品な味です。
白磁の猪口は楕円形に歪み、飲み口に金継ぎと横の黒い砂利が一粒。
風流な酒でした。

e0052268_2301693.jpg


胡瓜にのったボラの卵、生のカラスミやて。
初めての味。すっきりした甘み有り、おいしい。

e0052268_231625.jpg


女将さんと若旦那。
おいしいお料理とそれに合わせるイイ器。
古いものと今のものの取り合わせ。
森さんの器も古い物のように幅をきかせてます。
ごちそうさまでした。
by caban | 2009-04-04 18:27 | スタイル

京都、おいしいもの その1

e0052268_16275964.jpg


食べ物の話がないなあ・・・と思っていた方。
お待たせしました。

鎌倉には、毎日行けるような、「気楽で安く、普通においしい店」がない。
関西は、その手の店がわんさかある。

立ち飲み屋「スタンド」は、メニューもボク好み。場所は新京極四条上ル
e0052268_16372145.jpg


立ち飲み屋といっても、ちゃんと椅子もある。
一番高いメニューが、750円の牛ステーキ!

僕たちのオーダーは、
お造り盛り合わせ
こいも(里芋)煮
イカと大根の煮物
春巻き
ビフカツ
コロッケ
ラーメン、などなど。
新入社員の初給料の晩餐会みたい!
e0052268_16483261.jpg

渋い会計票。

はい、食べるのに夢中で、料理の写真は撮れませんでした。
by caban | 2009-04-02 16:43 | 食べること
line

小野 喜代治(1947.10.1)大阪生まれ、神戸育ち、お江戸遊び、鎌倉暮らし。ボクの楽園は至る所にある。日々仕事で遊びで行く先々が楽園。悦楽の移動祝祭事。HPはwww.navy-yard.com/です、よろしく


by caban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30