きよじいの楽園日記

caban.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

藤沢「久昇」の にしきぎ

e0052268_17261331.jpg


最近よく行く居酒屋は、藤沢の「久昇」。

ここは恵比寿の「さいき」、
自由が丘の「金田」と同じくらいいい。

鎌倉には、観光客向けの飲食店が多く、
気楽に行けて美味しいお店というのがない。

陶芸工房の、壇上センセに教えてもらった「久昇」は、
メニューはざっと100種類くらいあって、
お造りから京風煮物、揚げ物
ご飯ものまである居酒屋で、これがイイ!!。

その中で、特筆ものが「にしきぎ」。
これ、聞いた時どんな食べ物なのか、さっぱり検討がつかなかった。
壇上センセは、「にしきぎと、ご飯とお茶をたのむ」って。
漬け物? 

やってきた「にしきぎ」は、ネギと海苔をわさびで和えたもの。
渋い。

これがイケます。
つーんと鼻に来るのが、最高!
ご飯に載せて、お茶漬けにすると、めちゃイイ。

かをる師匠にも教えてあげなければ・・・と、

自慢げに「かをるさん、ニシキギってしってますか〜?」と聞いたら
「もちろん、呑み喰いしたあとこれで締める」って。

京都の旦那衆の料理屋での締めはこれらしい。

でも、ホントに美味しいから、試してみてください。

京風の店なら献立になくても造ってくれると思います。
by caban | 2008-11-30 18:01 | 食べること

その日、海は冷たかった!

e0052268_1719306.jpg

小高さんから最新映像が・・・、

この前の日曜日は波のうねりがひどく、
浜辺に打ち上げる波がとっても高く、こんなハプニングも・・・。
you tube「沖の波間で別れる」
B.G.M. by オダカ,いいですネ!

沖の方、高いうねりの中、片野さんと別れた。

「じゃあまた来週!」

波間に片野さんが見え隠れしてる。

ダブルきよチャンズ(小高夫人は喜与子さん)のパドル息ぴったり。

上陸直前の大波に慌てた小野くん。

むやみなパドリングであえなく転覆。

しかも小野君はパドルを手放してる!!

それに引き換え、小高きよちゃんは全く冷静。

ああなんというブザマ・・・

高笑いの音声は撮影してる小高氏。

おの:バカ笑いはやめなさい!!

小高:カヤック乗りを志した者達への洗礼。母なる海は優しく、時に厳しく。
ハッハッハー!!
by caban | 2008-11-26 17:23 | 日記

いい天気の日曜日の朝

このところ日曜日にいい天気がつづいてます。
e0052268_1485249.jpg


店に行くまえに1時間ちょっと、稲村の海を
散歩してます。
e0052268_1493971.jpg

9時すぎですが、天気良く富士山も美しい
姿を見せてくれます。

七里が浜も誰もいない海。
e0052268_1411837.jpg


沖に出ると水をかく音だけの静寂。

海も透き通っています。
e0052268_14135842.jpg


ゆっくりと漕いでると、ぽかぽかと暖かくなってきて

気持ちいいです。
by caban | 2008-11-26 14:14 | 日記

レイアウト替え、途中報告

e0052268_1891724.jpg


これは今回、アイアンを制作してもらった、小宮製作所。
小宮製作所HP

真ん中が、小宮賢人さん。

鎌倉山に作業場を持つ。
ここは車屋さんのオーナーが、趣味で集めた古い車を保管してる
場所の一角であった。
e0052268_18272750.jpg
e0052268_18275677.jpg

すごい車がたくさんあって、しばし見学させてもらった。


オーダーのイメージは、工場で使われていたような、
装飾のない無骨なラック。
動かしやすいように、キャスター付き。
キャスターも、工場らしいかっこいいもの希望。

イメージどおり以上の、かっこいいラックを仕上げてくれました。

小宮さん苦心のキャスター
e0052268_18212450.jpg


昨日から1号とケンカしながら、現在も作業続行中。
e0052268_1823059.jpg

壁際も、がらりと変更。
e0052268_18232080.jpg


反対サイドも、がらりと変わるので、楽しみにして下さい。
出来上がりは、金曜あたりになりそう・・・・。
by caban | 2008-11-19 18:42 | 日記

ただ今、模様替え中

e0052268_1813596.jpg


気持ちのよい、秋晴れの月曜日。
今日は休日。
朝食を食べていたら、小高さんから「もう、海に出てます」
というメール。
急いで着替えて、稲村の浜へ。

風は穏やかで波もなく、とても暖いというか、暑い。

稲村の崖を左に見て、坂の下まで漕いで行く。
他に人もなく、波の音さえ聞こえない静かな海をいくのは、
本当に気持ちがよくて、新鮮な気持ちになる。

昨日の夜の、ドンチャン騒ぎ(クバさんの誕生会)がウソのよう・・・。


・・・
e0052268_18313745.jpg

ラルーチェの料理は美味しくて、大満足。
シェフにシャンパンタワーをしてもらって、クバさんも大喜び・・・


すっかり清々しい気分になったところで、お店へ。
今日と、明日でお店の模様替えなのだ。

今回の模様替えは、小宮製作所にお願いした
「アイアンのラック」を中心にレイアウトを考えていく。

あ、ちょっと長くなったので、続きはまた明日。
by caban | 2008-11-17 18:24 | 日記

浜辺の宝さがし

e0052268_18581739.jpg


カヤックを始めて、楽しみがひとつ増えた。

逗子の入り江、「なぎさ橋」のところにあるカヤックスクールに
通っているのだが、ここの浜辺にはお宝がたくさんある。
「さくら貝」と、「磁器のかけら」。

波に洗われて、丸くなった染め付けのかけらは、特にいい。
まだ新しく、尖ったものは趣がないので、すっかり角のとれたものを
探す。

e0052268_19112239.jpg


香入れや、花生けといっしょに、玄関に並べてる。

e0052268_19161730.jpg


さくら貝は、小さなグラスに入れて、水を満たす。
海にいた時のように、生き生きとして綺麗だ。

いつだったか、大潮でそのうえ台風が近づいて大波の日は、
入り江にこんなお宝がたくさんあった。
稲村の浜では、あまり見かけない。
caban 1号は、いつもカヤックよりも一生懸命に宝探しをしてる。

きよじい:「ボクも、荒波にもまれて浜辺に転がってると、
誰か、宝物!って言って拾ってくれるで!」

1号:「それはないねっ!!」

きよじい:・・・・グわーン

1号は、結構冷たい。
by caban | 2008-11-14 19:24 | スタイル

稲村の海で待ち合わせ

このあいだのsachiko さんのライブで
出会った片野さんがカヤッキストだったので、

「稲村の海で待ち合わせしませんか?」とお誘いメイル。

さっそく「了解」とのことで、

日曜の朝10時に稲村の海で待ち合わせ。
e0052268_1482553.jpg

そんな時必ず現れるクバさんとムギちゃん。

江ノ島のあたりまで行こうと出航。

曇り空でオンショアの風。波は小さい。
小動岬の手前で江ノ島をバックにパチリ。

e0052268_14161215.jpg

11時がすぎてボクが店に行く時間となり、
稲村の浜に戻り、再会を約束して片野さんを見送る。
ではまたこんどネ。
片野さんは由比ガ浜に船頭を向け帰途に。
e0052268_14214057.jpg

由比ガ浜まで15〜20分の所要時間とのこと。

カヤックは海の自転車だ。
by caban | 2008-11-12 14:28 | スタイル

小室さんとオバマさん

90年代小室さんの曲が連続ヒット。
毎日のようにテレビで誰かが歌ってたけど、
なんでこんな歌が流行るのか、解らなかった。
e0052268_1691292.jpg
写真は毎日新聞より

どれとしてボクのこころにひびくものが無かった。
それから十数年詐欺で逮捕。

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響あり
沙羅双樹の花の色 
盛者必衰の理をあらはす
おごれる人も久しからず 
ただ春の夜の夢のごとし

それから1週間
e0052268_17113483.jpg

オバマさんが大統領選に勝った。
当選演説を聞いてて、こころがふるえた。
別にオバマさんを応援してたわけじゃないし。

むしろ日本にとっていい結果にならないというし。

でもこの1年間を通して、サバイバルのような
過酷な戦いに勝ったことが大きいんだろうと想像できる。

でもここからですよね!
二人にとって、勝負はこれから。

小室さんには10年後20年後には、泣けるような歌を書いて欲しいし。


それにしてもすぐ手のひらをかえすようなマスコミ!!

森とか古賀とかが密談できめるこの国の首相の選び方!!

ぼくらがなんとかしないとネ。
by caban | 2008-11-08 17:30 | 日記

博多ラーメン

鎌倉に博多ラーメンの店ができました。
e0052268_17382672.jpg

友達の袈裟丸(けさまる)くんがこのラーメン屋をオープンした。
店名は袈裟丸家。

彼は呼子生まれで博多育ち。
e0052268_1739319.jpg

つくるラーメンももろ博多ラーメン。
豚骨スープに細い麺、チャーシューと煮玉子、キクラゲと焼きのり。

それに高菜と紅しょうがとゴマを擦っていれる。
e0052268_1740324.jpg


麺とスープと倶のバランスがよくて、おいしいです。
ぼくはいつもカタ麺を注文して、あとで替え玉を1つ。
それでお勘定は650円+100円。

夜は夕方6時からで、餃子やスジのおでん風、辛いザーサイ、
とあとチョコッとしたつまみ。

酒は生ビールと焼酎、日本酒。
夜は博多弁が飛び交っていて、中州の屋台で飲んでるようだ。

ぼくは最近ここで飲んでることが多いです。
by caban | 2008-11-01 18:02 | 食べること
line

小野 喜代治(1947.10.1)大阪生まれ、神戸育ち、お江戸遊び、鎌倉暮らし。ボクの楽園は至る所にある。日々仕事で遊びで行く先々が楽園。悦楽の移動祝祭事。HPはwww.navy-yard.com/です、よろしく


by caban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30