きよじいの楽園日記

caban.exblog.jp ブログトップ | ログイン

藤沢「久昇」の にしきぎ

e0052268_17261331.jpg


最近よく行く居酒屋は、藤沢の「久昇」。

ここは恵比寿の「さいき」、
自由が丘の「金田」と同じくらいいい。

鎌倉には、観光客向けの飲食店が多く、
気楽に行けて美味しいお店というのがない。

陶芸工房の、壇上センセに教えてもらった「久昇」は、
メニューはざっと100種類くらいあって、
お造りから京風煮物、揚げ物
ご飯ものまである居酒屋で、これがイイ!!。

その中で、特筆ものが「にしきぎ」。
これ、聞いた時どんな食べ物なのか、さっぱり検討がつかなかった。
壇上センセは、「にしきぎと、ご飯とお茶をたのむ」って。
漬け物? 

やってきた「にしきぎ」は、ネギと海苔をわさびで和えたもの。
渋い。

これがイケます。
つーんと鼻に来るのが、最高!
ご飯に載せて、お茶漬けにすると、めちゃイイ。

かをる師匠にも教えてあげなければ・・・と、

自慢げに「かをるさん、ニシキギってしってますか〜?」と聞いたら
「もちろん、呑み喰いしたあとこれで締める」って。

京都の旦那衆の料理屋での締めはこれらしい。

でも、ホントに美味しいから、試してみてください。

京風の店なら献立になくても造ってくれると思います。
by caban | 2008-11-30 18:01 | 食べること
line

小野 喜代治(1947.10.1)大阪生まれ、神戸育ち、お江戸遊び、鎌倉暮らし。ボクの楽園は至る所にある。日々仕事で遊びで行く先々が楽園。悦楽の移動祝祭事。HPはwww.navy-yard.com/です、よろしく


by caban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31